弁護士を離婚や交通事故の時に利用するときのコツ

冷静に話し合う

離婚の話し合いについて

離婚をしようか迷っているときには、努めて冷静になる必要があります。もちろん、離婚についての決意が固い場合には離婚の手続きを進めるようにしてください。しかし、双方がお互いに納得できる離婚をすることが最も重要となります。ですから、双方で話し合いが進まない場合には第三者を介在して話し合いをするようにすると良いのです。第三者とは、法律の専門家である弁護士が代表的です。例えば、慰謝料に関する話し合いがこじれてしまった場合、弁護士を介在して調整することが可能となります。当事者同士でうまく話し合いが進まない場合には、専門家を交えて相談することが重要なのです。弁護士に依頼することが恥ずかしいと感じる人もいるようですが、決してそのような事はありません。

気をつけなければならないこと

弁護士に依頼する場合に注意しなければならないことがあります。それは、弁護士の報酬です。弁護士の報酬はとても高額になることが一般的です。相談の内容にもよりますが、数十万円程度かかることが一般的です。この相談料も含めて、慰謝料を請求してしまうことができれば良いのです。できるだけ慰謝料を高く設定できるように弁護士と相談してください。顧問弁護士とは率直に話し合うことが重要なのです。プライベートなことだからといって隠してしまうと、せっかくの信頼関係を壊すことにもつながりかねません。報酬を支払うのですから、なるべくたくさんの慰謝料をもらえるように弁護士に働きかけてください。そのためにもクライアントから心を開く姿勢がとても重要となります。

Copyright (c) 2015 弁護士を離婚や交通事故の時に利用するときのコツ all reserved.