弁護士を離婚や交通事故の時に利用するときのコツ

対応してくれる弁護士

弁護士の来客対応がどれだけ可能かを踏まえる必要があります

日本には現在、無料相談などを実施している弁護士事務所などが多数あります。そしてそれはその法律事務所の専門としている、または得意としている分野の案件のパターンに応じて相談者側が選んだり、またはその事務所側がもっと適した法律事務所への紹介状を発行するなどの形となり、相談をしたい人はこまめに事務所の情報を調べていく事が大切となります。債務整理分野を担当する事の多い弁護士に、離婚問題などを相談しても応対が難しいという事です。そして今回は離婚相談に関する記事です。離婚とは結婚関係を持った夫婦が関係を絶つ事を意味します。この離婚というのは様々なパターンが考えられます。不倫や不仲や、金銭問題や家庭内暴力など、それは色々です。

相談したい内容に沿ってちゃんと弁護士側に説明する

ごくごく自然で当たり前の事なのですが、弁護士というのはどこにでも居る人間に過ぎず超能力者の類ではありません。ですので、相談したいという人がちゃんと全容を細かく説明しないと弁護士は全容や細かい背景を知る事が出来ず、その離婚調停に問題を生じかねない事もありえます。例えれば相手が不倫していたという理由で離婚相談に来た相談者が、その相手の不倫がどの様なモノで正当性があるのか否かなど、誤解であるのか否かなどを感情論ではなく状況整理として弁護士は受け止めて処理しなくてはいけないからです。興信所の探偵の様に不倫調査を弁護士が担える事は無く、弁護士の中には確かに興信所に依頼を出すケースもありますがそれは稀です。ですので、相談したい離婚調停の内容が整合性があるか否か、そしてちゃんと細かく説明できていて証拠などもちゃんと揃えているか、などの事が大事になっていくという事です。

Copyright (c) 2015 弁護士を離婚や交通事故の時に利用するときのコツ all reserved.